環太平洋の自由と平和を守る会 神奈川

安倍首相を応援します!トランプ大統領を支持します!今こそ、日米同盟の強化を!

4月12日(木)首相官邸前街宣

左翼勢力による活動の活発化、様々な団体が安倍首相を引きずり下ろそうと倒閣運動を展開し激しさを増している。特に首相官邸前には、様々な左翼団体が集まりアピールしている。

f:id:kantaiheyok:20180414111509j:plain_f:id:kantaiheyok:20180414115400j:plain

2018/4/6 安倍政権反対派デモ  ろうそくデモのつもり?

f:id:kantaiheyok:20180414113233j:plain新宿反対派デモ2018/4/7 彼らは改憲を恐れている

 日本は改憲で自主独立を果たせ! 日本国家存亡をかけた正念場

「日米同盟強化有志連合」主催による救国キャンペーンに今月も参戦です!

私たちは、全力で安倍政権を応援しています!政府与党は団結してこの難局を乗り越えて下さい!

安倍首相の外交力と日米同盟強化が日本の生きる道

今、日本は、国やアジアの平和と安全、自由を守ることができるか否かの正念場に立たされている。言葉を変えれば、国家存亡の危機に直面している。活路を見出すことができるのは、2012年12月から出発した安倍政権、安倍首相の政治力、外交力である。これまで政権運営の能力もなく、危機管理のできない民主党政権には、国民はうんざり。民主党政権が立つ前までも、短期政権がコロコロと変わって国際的には何の力も発揮できない顔の見えないひよわな日本国であったことを思い起こしてほしい。ところが、安倍首相の率直な人柄と実行力や決断力によるリーダーシップが国内外を頼もしくしていった。特に、世界的、歴史的な大変革期にあって、アメリカのトランプ大統領と深く強い信頼の絆を結び、日米安保が強化され、機能しているからこそ、中国や北朝鮮の脅威が抑止されている事実を忘れてはならない。凋落傾向にあるアメリカだが、しかし、まだまだ経済的に軍事的に世界一にあるアメリカが世界の平和と安全、自由を守るうえで果たす役割が大きいのも現実。そのアメリカを牽引するトランプ大統領と信頼と友好で結ばれ、力を与え支えることができる安倍首相の使命も大きい。まもなく安倍首相が訪米して、日米首脳会談が行われようとしている。天運の保護の下、トランプ大統領と安倍首相の会談が、中国と北朝鮮の独善を阻止し、韓半島の非核化を実現し、アジアに平和をもたらす底力と願ってやまない。

f:id:kantaiheyok:20180414122439j:plain